Vol.007 マーケティング・ブランディングすれば売れますか?

InnovatIon株式会社(本社:山口県)は、WEB・EC制作などのシステム事業から、市場調査、マーケティングPRまでを一貫してサポート。日々のあれこれ思った事を経営コンサルタント兼CEOのTae Ishiharaが更新して行きます。

 

最近至る所にマーケティング!ブランディング!と言う言葉を見る様になりましたね

そもそも、それをすれば売れますか?そんな素朴な疑問を頂く人は多いのではないでしょうか?それでは本日はそのお話をしてみます


まず、マーケティング、ブランディングとは


  • マーケティング 価値あるプロダクトを提供するための活動・仕組みである(Wikipediaより)

  • ブランディングとは ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略。(Wikipediaより)

どちらも過程である事が分かりますでしょうか? 多くの人が頭に描いているマーケティングやブランディングは、一時期投資して多くの人に情報を広め一気に売れる様になる!なんて、勘違いしている人が多い様に思いますが、実際は積み重ねであり過程なのです

そもそも情報を広めるのはプロモーションですしね、一気に売れる様になるなら皆さん苦労は要らないですよね。



まず一番大切なのは商品自体

例えば食べ物だとしましょう!

話題性にインパクト十分!、他社との差別化も明確!、何より改良に改良を重ね真似出来ないだろうと言う食べやすさの仕掛け入り!、

便益に独自性が足され、時代にも求められている事が市場調査でも分かった



しかし、味が、、、好き嫌いは分かれるだろうな!


マーケティング を構想しすぎて、肝心な一番要の味がNGでは、もちろん売れません

当たり前の事じゃないか!思った人は多いかもしれませんが、結構最近多いのですよ


改良に改良を重ね味を決定!

  • 試食テストで評判があまり良くなかった・・・しかし自分の舌だけを信じて販売を決行!

  • OEM依頼した商品なかなか思う様にならない・・・このあたりが限界か、仕方ないここで販売しよう

  • 味が濃く!美味しいですが添加物を控えて常温で日持ちをさせるためにはこの塩分濃度は必要・・・味より安全!

  • ・・・他

この様な事、結構多い様に思います

それで、その先のプロモーションに力を入れて1回は売れても、必ずリピート顧客は得られないはずです



まずはその商品に価値を生み出す事に時間を注ぐ

何年かかっても、です!

なかなか販売できない生みの苦しみは相当なものです

しかし、生み出す事を諦めたらそこで終わりです!

この商品が完成するまでに●年かかったなんて商品はやっぱり美味しいですもん!


マーケティング、ブランディング

まずその前に!

1に商品づくりです!多くの顧客に支持される商品づくり

それが出来てから多くの人に広げていかないと、いろいろな無駄なお金が流れていってしまします



つづく