Vol.012 大勘違いが多い広告戦略!広告をだせば売れるという考えには大きな間違いが隠されている

https://youtu.be/ugE1kD8JvyU


InnovatIon(イノベーション)株式会社(本社:山口県)は、WEB・EC制作などのシステム事業から、市場調査、マーケティングPRまでを一貫してサポート。日々のあれこれ思った事を経営コンサルタント兼CEOのTae Ishiharaが更新して行きます

 

本日は広告のことを書いてみます

広告を出したら売れる様になると思われている方、

結構多いのです!


広告を出した事がある方はお分かりですよね

まあ、そんなに簡単じゃないよ!って言葉が聞こえてきそうですが、


現在、過去に例がないぐらいの勢いで、多くの企業が事業を開拓しています


今までの事業だと思いっきりコロナの影響を受けるから

これからはこっちの事業でやっていこう

価格がどんどん高騰化している、これは何か考えないと等々


こんな時代だから、間違いなく止まってたら終わり!とにかく変わるための対策を行なっている方は多い


そんな中、新商品作りました!広告を出します!


それで、簡単に売れる時代ではなくなったのですが・・・

昔はそれだけで売れていた時代があったのだから、今はとても難しい時代に入ったというわけですね


では、広告に肝心なのは何か。

こちらでも少し書いたのですが、


育てていく必要があると感じます


例えば、この商品

InnovatIon イノベーション

先にインフルエンサーの方々にご試食いただき、ご意見を頂いて商品を完成させました


鹿肉だから色々とテイスティングは続き

とにかく開発には時間をかけました!


また、

大変良い方々が集まったのもあり、本当に良い意見を頂きました。ご意見からSNS投稿までしっかりして頂き感謝です!


その後、マクアケにエントリーしました 見事743%で達成!


やっぱり、事前に商品開発している様を中継するようにSNSに告知する・告知してもらう効果は強い

あっという間に700%を超えました


そのマクアケと同時にPR TIMESでプレリリースしました


お陰様で34社が転載をしてくださり、多くの企業から取材や取り扱い依頼の連絡が入りました


その後、一般販売を開始し、

再びPR TIMESで一般販売のお知らせをし、お影様でたくさん売れました!

期間限定の販売だったのですが

次回作を希望される声もあるので、それは今構想中なのですが、


InnovatIon イノベーション

このような感じで、

開発の段階から実は広告になっていたのをお気づきでしょうか? また、クラウドファンディングであったり、一般販売する前に多くの情報を消費者に伝え、発売を楽しみにしてもらうシチュエーションを作ったから、売れた!という構図です


また、メディアや、企業がオファーを掛けて下さった理由も実はあり、

特にメディアは、先にこの商品どうなのと市場調査(ネット検索)されるケースが多いです

そんな中、開発中のあれこれがSNSで出てきたら

おっこれは面白い!となって、声がかかる確率が当然上がります



いかがでしょうか? 広告=プロモーション設計が必要です

設計なしに進めてしまうと、やはりそれはただの広告となってしまうからNGなのです


広告ではなく、多くの方々にシェアいただきながら育て、応援してもらう等の自己実現の共感をしているかが今の時代最も肝心ではないでしょうか?



ぜひ、自分ならと置き換えてもらったら、そんな商品の方が買いたくなりますよね。

プロモーションは奥が深い!ですね


つづく